取材するニャン♪

【周辺症状緩和事例vol.4】介護老人保健施設様

December 28, 2017

 

このシリーズでは、ミッケルアートの認定研修において、実際の現場スタッフ様が取り組まれた事例をご紹介させて頂きます。日々のケアにお役立て頂ければ幸いです。 

 

介護老人保健施設様の事例です。

 

実施期間:2016.12.1-2017.4.30

実施頻度:週2回 午後3時~4時の間で30分間

対 象 者 :B 様(認知症診断済) 

 

☘ミッケルアート導入前の B 様

 

・介入前は、フロアにいたり居室に居ても何もすることがない。

・他の利用者とも話すことは少ない。

 

☘ミッケルアート導入1ヶ月後

 

他の利用者様の話を聞くことが多く、声掛けをすると考えながら話してくださる姿もありましたが、他に気持ちがそれてしまうことがありました。

 

ミッケルアート導入2~3か月後

 

自分からお話される姿が増えました!

ミッケルアートの活動を初めてからは、昔の思い出を話してくださり、「ここに行きたい」とご自分で希望を話してくれることも増えてきました。また、こちらから声掛けをしなくても、他のレクリエーションにも参加されるようになってきました。何もすることがない時には、スタッフに声をかけることもあったり、他の利用者様とも話すことが増えてきました。

 

やりたいこと → やりたいことは家に帰って家族と暮らしたい。

食べたいもの → 食べ物は、お寿司とか、お餅が食べたい。

行ってみたい場所→家族と映画を見に行きたい。ということでした。

大切にされていること→家族と外出した時の思い出と話されました。

 

 

☘ミッケルアートの活動の際に心掛けていること・工夫していること

 

①同じ場所にならないように、景色の見やすい場所で行ったり、話の聞く位置も正面を向いたり、横に座ったりと工夫しました。

 

②楽しく参加していただけるようにクイズ形式にしたり、ご本人の考える時間を作ったりしました。また、本人が話し出したら時間をかけ、傾聴するように心掛けました。

 

③介入以外でご家族と外出したときは、お戻りの際に声掛けをして、会話をする時間を増やすように心掛けました。

 

☘周辺症状の変化

 

介入場所を変えてみたり、工夫して実施していく中で、「今度いつミッケルアートやるのか」とスタッフに聞いてくださり、参加意欲も高まりました。またミッケルアートの活動以外のレクリエーションにも参加されるようになり、軽作業やエプロンたたみ、お絞り巻きなども積極的にしてくださるようになりました。さらには、困っている利用者様に手助けをする姿や、他の利用者さんと会話をすることが増えたため、今回介入してよかったと思いました。

 

(介護老人保健施設 介護福祉士様)

 

 

🌸ミッケルアート認定研修についてはこちら

 

————————————————————————————

思い出をふり返ることは、 脳が活性化し、認知症予防に繋がります。

ミッケルアートは、 思い出話をきっかけにした認知症予防として多くの介護施設様で活用されています。 

————————————————————————————

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください