スクリーンショット 2022-01-15 21.51.51.png

ミッケルアートA3版とは

 A3サイズの絵です。絵の表面には、昭和の懐かしい生活や、全国の観光名所が描かれています。会話の苦手なスタッフ様にも使いやすいように、裏面には会話の見本が書かれています。

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状

懐かしい題材の一例

スクリーンショット 2022-01-15 22.03.09.png

懐かしい題材の一例

絵の中に動物が隠れています♪

スクリーンショット 2022-01-15 21.59.57.png

観光名所の一例

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状

絵の裏面

スクリーンショット 2022-01-15 22.01.51.png

観光名所の一例

ミッケルアートの特徴

  • コミュニケーションが苦手な方も、会話の糸口を見つけることができます。

  • ご利用者様の趣味嗜好・やりたい事など、真のニーズを聞き出すきっかけになります。

  • 使用方法によっては、スタッフ様1人で数名のご利用者様の対応ができます。

スクリーンショット 2022-01-15 22.20.34.png
スクリーンショット 2022-01-15 22.20.30.png
スクリーンショット 2022-01-15 22.20.25.png

ミッケルアートの使い方

手順1. 一人一枚絵を配ります 

手順2. 絵についてみんなで話します (約20分) 

手順3. お話をしてくれたお礼を言います 

週2日程度、絵の中から隠れた動物を見つけたり、思い出話をしながら、会話を広げていきます。絵の裏に質問が書いてあるので、新人スタッフ様でも安心してご活用いただけます。 

認知症ケアにおける研究結果

■これまでの研究で明らかになっていること 

  • 周辺症状の無気力・昼夜逆転、介護拒否、徘徊の症状の緩和に効果が期待できます。

  • 認知症の軽度〜重度の方まで活用できます。

  • 認知症予防から進行抑制まで効果が期待できます。

  • アルツハイマーや脳血管性など、すべての認知症に対して幅広く活用できます。

  • 特に脳血管性認知症の方は、改善数値が高い傾向が見られます。 

活用事例

事例① 有料老人ホーム様

 ミッケルアートを導入して3年が経ちます。毎週水曜日に1時間、ミッケルアート実施継続しています。利用者様はある程度固定で3~4名+職員1名です。みんなでワイワイ話す時に活用しています。毎回絵が変わるので、いろんな話で盛り上がっています。大きな笑い声や「そんな年寄りちゃうで~」などなど楽しい会話が聞こえていい時間を過ごさせて頂いています。 

 当ホームには新人スタッフもいるのですが、コミュニケーションが苦手かもと思っていたスタッフが、予想以上に上手にコミュニケーションを取っている姿も見られました。ミッケルアート を通じて、スタッフの良い一面を見ることができましたね。嬉しいです。 

 これからも、ご利用者さん同士が自然に会話を楽しむきっかけづくりを大切にしていきたいと思います。

スクリーンショット 2022-01-15 22.50.30.png
スクリーンショット 2022-01-15 22.50.44.png
スクリーンショット 2022-01-15 22.50.25.png

事例② グループホーム様

 当ホームはミッケルアートを活用している時間帯は、午前中なら10時過ぎ、午後は2時から3時くらいのまったりするときです。時間は20分程度ですね。スタッフもミッケルアートに慣れているので、活用方法は自分たちで考えています。

 当ホームでは、絵をきかっけにご利用者さんの興味のあることをお聞きして、そこから活動に繋げることを意識しています。例えば、以前新潟出身のご利用者さんと話が盛り上がり、郷土料理を作ったこともあります。さつま汁やお赤飯も作りましたね。会話のきっかけをつくり、そこから活動に繋げると、利用者さんの毎日も楽しくなり、スタッフもやりがいや達成感を感じると思います。今後もいろんな話を聞かせていただきたいと思います。

スクリーンショット 2022-01-15 22.52.36.png
スクリーンショット 2022-01-15 22.52.19.png
スクリーンショット 2022-01-15 23.00.37.png

スタッフ様の声

事例①「昔を思い出して話が止まらず、毎回嬉しそうに話されています」

 昔よく通っていた銭湯を思い出し、「温泉に入りたい」とおっしゃっております。ミッケルアート実施の際に心がけていることは、ご本人様のお話をよく聞いて、途中で遮らないようにすることです。周辺症状の変化としては、物取られ妄想が激減しました。また、昼夜逆転気味で寝不足そうでしたが、これも改善しました。今後もミッケルアートを使用し、昔の話を引き出し楽しめる環境を提供していきたいと思います。ご本人様のやりたいことをお聞きし、実践に移せるようにしていきます。(グループホーム勤務 20代 介護士)

スクリーンショット 2022-01-15 23.05.18.png
スクリーンショット 2022-01-15 23.03.11.png

事例②「介護拒否のある方が、介入しやすくなりました」

 ミッケルアート開始前は、職員の介入拒否が見られていました。会話を通して、「料理をする機会があれば、またしたい」「懐かしい映画が見たい。」「有馬温泉に行きたい」など、普段では聞くことができないことを知るきっかけになりました。介入の際に心がけていることは、職員は「教えてもらう」という姿勢で話をするようにしたことです。4ヶ月実施すると、トイレへ誘導の際には、笑顔で「行きましょう」と返答されるとうになりました。馴染みの職員であれば顔を見ると安心する様子で、介護拒否がなくなり、雑談をしながらトイレに行くことが出来るようになりました。これからの丁寧な関わり合いを心がけていきたいと思います。(特別養護老人ホーム勤務 20代 介護士)

スクリーンショット 2022-01-15 23.03.15.png
スクリーンショット 2022-01-15 23.03.00.png

『ミッケルアート・資料ダウンロード』(無料)

スクリーンショット 2022-01-21 18.30.01.png

ミッケルアートについて分かりやすくまとめられている資料をダウンロードすることができます。