\リーダー育成に課題を感じている法人様へ/

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みのイメージ画像

人財育成を体系化できる『ミッケル研修』のご案内

14法人様
ご利用頂いてます

※2022年9月時点

社会福祉法人春風会   社会福祉法人八生会  社会福祉法人せんねん村 
社会福祉法人あすなろ会 社会福祉法人碧晴会  社会福祉法人さわらび会
医療法人参天会     社会福祉法人喜入会
(一部抜粋・敬称略・順不同)

この様な課題はありませんか?

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの課題の画像

リーダー育成が難しい

介護業務が作業化する

キャリアパスが機能していない

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの画像

人財育成を体系化する上でのポイント
・職員個人の資質に頼らない研修体系
・職員の個性を引き出す研修内容
・受講者一人ひとりに考えさせる仕掛け

職員一人ひとりの個性を伸ばし、人財育成を体系化する仕組み。
それが「ミッケル研修」です。

人財育成を体系化することが必要です!

ミッケル研修の3つの特長

POINT1

研修テキストはイラストを使ってわかりやすく

イラストを取り入れることで
「わかりやすさ」を追求しています

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの特徴

わかりやすさの秘訣

ミッケル研修では、難しい研修内容でもイラストや映像を使ってわかりやすく表現しています。わかりやすさを追求することで、介護未経験者や技能実習生でも楽しく学ぶことができます。

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの研修テキストの見本

研修テキストの見本

研修で使用するアート映像

今回の研修を通じて、利用者様との会話の大切さや一緒に働く職員のいいところの再発見など、有意義な時間が過ごせました。シートにもあるように職員のいいところの再発見の場をつくり、チームとしての結束力を強めていきたいと思っております。また、今後は技能実習生にも研修を広げ、外国スタッフが外国人スタッフを育成する仕組みを作ろうと思います。

(特別養護老人ホーム 50代 施設長様)

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの画像

受講者の声

POINT2

すきま時間を使って、リーダー育成

業務の隙間時間に取り組み、
効率的にリーダーを育成できます

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みのリーダー育成の画像

「ミッケル研修」では、新人育成力やリーダーの役割を学ぶことができます。

業務の隙間時間にすぐに活用できる実践的な内容を取り入れています。集団研修を行う時間をとる必要がありません。

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの人気者研修画像
ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みのLOVELOVE研修の画像画像
ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの新人育成力の画像
ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みのリーダーひとかじり研修画像
ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの夢プロジェクト画像

向き合う力

気づき力

新人育成力

リーダー力

夢を叶える力

これまでのリーダー研修は、理念やチームワークに関する内容が多く、研修後に、結局どのように活かせばいいかわかりませんでした。この研修は、どのプログラムも実践的な内容ばかりで、すぐに現場で実践することができました。プレイヤーとしてではなく、リーダーとしての役割をイメージすることができるようになりました。(特別養護老人ホーム 30代 ユニットリーダー様)

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの画像

受講者の声

POINT3

法人オリジナルのキャリアパスができる

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みのキャリアパスの画像

各法人様のキャリアパスに沿ってカスタマイズし、御社オリジナルの育成計画を作成することができます。キャリアパス作成の注意点は、入社2年目と新人OJTリーダーの育成です。ここをクリアすることで、リーダー育成につなげる事ができます。

導入企業の声

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの画像

私たちの特養に合わせたオリジナルの研修プログラムを組んでいただきました。まず驚いたことは、職員が楽しそうに研修を受講していることです。受講者数が増えるにつれて、新人育成が上手な職員が増えてきました。これまですぐに上司に質問していた職員も、チームメンバーと話し合い、自己解決する事が増えてきました。少しずつ人財育成が体系化されてきたと実感しています。(特別養護老人ホーム 50代 施設長様)

リーダー育成を体系化したい・・・という法人様へ
『 人財育成を体系化する方法 』をPDF資料ダウンロード(無料)

受講者の

「人気者研修」受講者の声

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの受講者の声

聞く姿勢を大事にすることを工夫できるように

利用者様のことを考え、日々のケアの際にコミュニケーションを大事にして、話すことができるようになりました。ゆっくりと話しかけ、利用者様に考える時間を作り、相手の話に共感し、聞く姿勢を大事にすることを工夫しました。(特別養護老人ホーム 20代後半 介護士様)

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの受講者の声2

傾聴する時間が増えアプローチを工夫できるように

〇〇の後だから、〇〇をする、と決めつけないで、傾聴する時間が、これまで以上に増えました。この研修を受けたことで、自分はコミュニケーションは取っている方だと思っていたが、アプローチのやり方など、実践して、いろんな人に試せたのはとても良かったです。(特別養護老人ホーム 介護職員30代 ユニットリーダー様)

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの受講者の声3

回想療法で認知症予防に

は中国人で、昔の日本の文化や背景はよくわからないですが、ミッケルアートを使う前に、スタッフといろいろと話して、確認したり、自分でネットで調べました。現場の仕事が忙しい中で、認知症(進行)予防のために、利用者様と一緒にミッケルアート回想療法を使い、昼夜逆転や徘徊などの周辺症状を改善できるようにしていきたいと思います。(介護老人保健施設 40代 中国籍の看護師様 )

法人様の導入事例

現在14ヶ所の法人様に導入いただいております。(2022年9月現在)

社会福祉法人春風会   社会福祉法人八生会  社会福祉法人せんねん村 
社会福祉法人あすなろ会 社会福祉法人碧晴会  社会福祉法人さわらび会
医療法人参天会     社会福祉法人喜入会
(一部抜粋・敬称略・順不同)

ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの導入事例1
ミッケルアート人財育成の体系化ができる仕組みの導入事例2

↑こちらは鹿児島県にある法人様がミッケル研修修了後、法人内で表彰式を行なっている様子です。

人財育成を体系化する方法について
​より詳しく知りたい方へ

『 人財育成を体系化する方法 』をPDF資料ダウンロード(無料)

スクリーンショット 2022-10-07 9.43.57.png
  • 導入されている法人様の事例をご紹介

  • ​わかりやすい解説動画付き

  • 研修テキストの中身をご紹介