新人スタッフでもできる認知症プログラム

ミッケルアートは如何にして生まれたのか?

 2007年起業当時、代表取締役である橋口論は、 主にオーダーメイドのアート制作を行っていました。例えば東京浅草のシャッターアートや海辺でのライブペイントなど、多種多様な作品づくりに励みました。 

 お客様からご指摘いただいた部分を、事務所で試行錯誤する日々...

 妥協しないのが、橋口なのです。

 そんな多忙の日々の中、2010 年、運命のようなご依頼が舞い込んできました。橋口の描くリアルな描写が、愛知県にある、とある介護施設関係者様の目に留まり、 「有料老人ホームの外壁を描いて欲しい」というものでした。

 こうして受けた一件のご依頼。 橋口は全身全霊をもって壁画制作に取り組みました。

 その最中のことです。橋口は介護施設のご利用者様から「故郷が懐かしい」「私の思い出を描いてほしい」と声をかけられます。

 このことがきっかけで、介護施設の抱える問題と利用者の求めるものについて考えるようになったのです。 

気になったことは、トコトン調べるのが橋口!

どのような絵が高齢者に好まれるのか知る為に、「現場を知る」ことから始めます!

多数の医療関係書を読み、現場を取材してテストを繰り返しました ・・・ 

ときには、壁に対して飾る絵が小さすぎるなんてこともありました・・・ 。

たくさんの失敗を糧に、試行錯誤、それでも橋口は模型と実物大で課題に向き合い続けました。

ミッケルアート、完成!

 800人以上の高齢者様にアンケートを実施。見やすく、かつ懐かしさを感じる絵とは、どういうものなのかも独自に調査しました。 医師や看護師・作業療法士・介護士の意見も参考にして、改良に改良を重ねていった結果-。 2010年、ついにミッケルアートが誕生です!

 ミッケルアートがもたらす効果は、医療・介護の分野で高い評価を得ており、学会等で毎年発表させて頂いております。 ※ 詳細は研究紹介のページへ 

Q&A

Q.ミッケルアートに描かれている時代に、橋口さんは生まれていなかったと思うのですが、どうして 50 代~90 代の方が見て「懐かしい」と感じる絵が描けるのですか?

A.よく聞かれますが、すべて地道な取材です。累計1000人以上のご利用者様にアンケートをお願いしたり、時には2時間以上話し込むこともありました。その時に、ご利用者様の戦争に対する認識や、それを現代を生きる私たちに伝えたい想いなど、私なりにイメージします。次にその時代の道具などを取材していく、という作業を延々と繰り返して仕上げていきます。

Q.ミッケルアートを描く際、最も気を付けていることは何ですか?

A.お茶目さです。誰にも気づかれないところに、そっと隠し絵をいれる遊び心を大切にしています。「こんなところに、へそくり!」というような物を描くと、見つけた人はハッピーになりますよね。こういう遊びが大切だと思います。

Q.自分で「職業病かも?」と思うようなエピソードはありますか? 

A.まだ幼い娘がいますが、娘と過ごす時に、すべての感動はミッケルアートになると考えています。娘を初めて抱っこした時、「あ」を書けて自慢してきた時、一緒にスーパーに行ってレジに並んでいる時 –、すべての瞬間が、ミッケルアートになります。つまり、「幸せだ」と感じた瞬間は普遍的で、これこそがミッケルアートなのです。旅行へ行った時よりも、日常的な幸せを描くことを心がけています。

 

Q.ミッケルアート制作で辛かったこと・嬉しかったことは?

A.何度も徹夜をして試作を繰り返していますが、仕事が好きなので辛かったことは特にありません。嬉しかったことは、ミッケルアートを見てご利用者様が喜ばれている姿です。やはりこれ以上の喜びはない気がします。

 

Q.ミッケルアートを作るきっかけが無かったとしたら、今頃は何をしていたと思いますか?

A.教育に関する社会課題に対して、アートで取り組んでいたと思います。いずれ必要とされれば取り組んでみたいです。

 

Q.この事業をやめたいと思ったことはありますか?

A.一度も無いです。30代の人生をすべてかけていますので。仮に、私が病気になった場合でも、この事業が止まることがないように、様々な対策を用意しています。

Q.ミッケルアートは何を目指していますか?

A.日本発の非薬物療法を確立を目指しています。国内で広まった後に、海外版のミッケルアートを制作していきたいと考えています。

❶HP トップ ロゴ 資料請求一覧.png