スクリーンショット 2021-02-16 15.15.37.png

認知症評価スケールに慣れるは、
「ミッケルアート回想療法士1級」

本認定研修は、4ヶ月の通信教育制で、「周辺症状の数値評価方法」を学ぶことができます。

認知症の変化を客観的に説明できるようになり、科学的介護情報システム(LIFE)を活用される事業所様にも好評です。本研修で使用している認知症の評価スケールは、LIFEで使われるスケールと同じDBD13です。

※ミッケルアートの認定研修は、リーダー向けの1級と初心者向けの2級があります。2級を取得後に1級を受講されることをお勧めします。

質の高い認知症ケアへー

認定研修のメリット

  • 評価スケールへの苦手意識がなくなる!

  • ご利用者様の変化を数値で実感できる!

  • 仕事に対する自信がつく!

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状

認定士は、認知症の変化を客観的に説明できるようになります。

受講概要

  • 受講資格:レンタル契約済みの事業所の職員様

  • 受講費用:20,000円(税別)/名

  • 受講内容:認定研修ノートを用いた通信教育により、周辺症状の数値評価を学ぶ

  • 受講期間 : 約 4 月(所要時間 週 1 時間程度)

  • 資格取得 : 評価エクセルを弊社に提出後、修了証と認定証を発行

  • 資格期限 : 3年(3年毎に要更新研修受講¥15,000)

  • 受講方法:弊社にメールにて申し込み

資格取得までの流れ 

​受講者の記録した資料

スクリーンショット 2021-07-20 8.18.14.png
スクリーンショット 2021-07-20 8.23.39.png
スクリーンショット 2021-07-20 8.18.27.png

 ​本研修では、受講者は2名の評価対象者(ご利用者様)を選びます。ミッケルアートを活用していく中で、その方々の変化を記録していきます。評価スケールはDBD13を使用します。このスケールは、LIFEで使われるスケールと同じものです。研修を通じて、自然にスケールに慣れていただくことができます。

私たちのこだわり

スクリーンショット 2021-07-20 8.40.17.png
スクリーンショット 2021-07-20 8.35.15.png
スクリーンショット 2021-07-20 8.39.58.png

①ご受講される方が楽しく学べるデザイン

 評価や記録と言うと「面倒」と感じるかもしれません。弊社では、受講生の皆様が楽しみながら続けられるよう、認定研修ノートを明るく親しみやすいデザインで作成しています。

 

②現場に負荷のないデータ収集
 本研修は、弊社が平成25年度に行った「老施協総研」という手法をベースにしています。 多くの専門家のご意見を参考にし、できる限り現場に負担のないデータのとり方にしています。

 

③実践で活かせる内容

 本研修で収集したデータは、社内発表会、カンファレンス、学会等で活用可能です。単なる「資格取得」にとどまらず、実践で活かせるような内容を心掛けています。

受講者の声

以下、認定研修ノート「ふりかえり欄」に受講者の方が自由記述した文章をご紹介いたします。

・受講者Aさん

 ミッケルアートを行う中で今まで知らなかった昔の話や好きなこと・興味のあることがたくさん知れた。今後もミッケルアートを行う中でその方の情報をたくさん取り入れ、日常生活の中でその方が楽しく過ごせるように日々観察し関わっていく必要があると考えた。

・受講者Bさん

 声掛けを行うにあたり、聞きたいことを理解していただけるように声掛けを行うことが大切だと感じた。また、素直な気持ちをお伝えして会話をすることが大切であった。利用者理解を深めることは、支援の幅を広げ豊かな生活に貢献できることを実感した。日々の支援に反映し、他職員とも情報共有に努めたい。

・受講者Cさん

 ご本人が大切にされていることを理解し支援にあたることで、活発な日中活動に導くことが出来る可能性を感じた。これからも利用者理解を大切に心がけて支援にあたりたい。」

・受講者Dさん

 ミッケルアートを使用する際に、視力低下から何の絵が描かれているか分からないことがありました。絵にちなんだ話を盛り込みながら、じっくり絵を見ていただくことで、何が書いてあるか認識して頂くことができました。会話の中で、参加者が絵を理解して頂きながら懐かしい頃のお話を行う為にも、参加者がテーマに沿って一緒に楽しむ事の大切さを感じました。認知症の症状からそれぞれ、話の内容が合わなかったりすることが多かったですが、それぞれの声を大切にしながら話をすすめることで参加者がそれぞれの視点で楽しんで頂くことが出来ました。

・受講者Eさん

 今後もご本人様の生活リズムに合わせながら、実施していきたいと思います。また他者との関わる時間が増えたことで、声を掛けられる姿も多く見られるようになってきています。本人の行動を大切にしながら、多くの方とコミュニケーションが取りやすいように、環境面から本人が安心して過ごす事が出来るように努め、継続して実施していきたいです。

・受講者Fさん

 全体で実施した際に、ご利用者様の盛り上がり方がすごく「楽しかったからまたしたいです」との声も多くありました。私自身も嬉しく、楽しいと思えました。

受講事例

事例1 介護スタッフ様のキャリアアップの一つに

鹿児島市喜入で地域の社会福祉を担う 「ニコニコタウンきいれ」様の場合

「ニコニコタウンきいれ」とは、「社会福祉法人喜入会」と「医療法人参天会」が一体となり、地域の福祉領域の役割を積極的に担う公益性の高いグループです。リハビリセンター、介護老人福祉施設など複数運営をしており、いつまでも健康でアクティブな暮らしが維持されるように、理学療法士による個別機能訓練にあわせて、専属トレーナーによるフィジカルとメンタルの専門的なトレーニングをおこなっております。 その中の一環として、ミッケルアートを取り入れて頂いています。大きくホームページにも記載して頂いているように、各施設でミッケルアートを実施されています。介護スタッフのキャリアアップの一つとしても、ミッケルアート認定研修を取り入れてくださっています。(ミッケルアート認定士1級取得者 42名) 記事はこちら

mi_pic01_660px.jpg

ニコニコタウンきいれ様・ミッケルアート認定研修修了後の賞状授与式の様子

事例2 「教育研修リーダー」に

大阪の介護老人保健施設 岸和田徳洲苑の介護福祉士 S様の場合

 

2014年に、ミッケルアートの認定研修を修了されました。ミッケルアートを利用開始した頃から、施設スタッフ様向けにミッケルアートの勉強会を開催し、現在は、ほぼ全職員様がミッケルアートを使うことができるようになりました。S様は、重度の認知症の方を対象に、多数の改善事例を出し、この結果を老健の研究大会等で発表されています。2016年に日本認知症ケア学会の会場で行われたミッケルアートのシンポジウムでは、ミッケルアートの開発者と共に、パネリストを務めて頂きました。今後も益々の活躍が期待されています。

よくあるご質問

Q1. 個人で受講することは可能ですか?

A. 所属事業所を介してのお申込みとなります。ただし、「1事業所にて〇人以上」という制限はありませんので、お一人でも受講は可能です。

 

Q2. 年齢や学歴、職歴は受講に関係ありますか?

A. 特に関係ございません。

 

Q3. 認定研修ノートは紙ですか、デジタルですか?

A. デジタル(PDFとエクセル形式)でメール添付いたします。修了時に提出していただく資料は、エクセル形式となります。

 

Q4. 資格認定証を紛失した場合、再発行は可能ですか?

A. 申し訳ございません。再発行は受け付けておりません。

 

Q5. 採点基準を知りたいです。

A. 記述量を満たしているかを基準とし、内容を採点いたします。記入内容に問題があれば不合格ということもございます。

 

Q5. 合格率はどれぐらいですか?

A. 約7割の方が合格し、資格を取得されています。

 

Q6. ミッケルアート回想療法士は、どのような職場で活躍しますか?

A. 有料老人ホーム、デイサービス、グループホーム、ショートステイ、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、小規模多機能、定期巡回など、様々な職場で、資格を取得されたスタッフ様がご活躍されています。

 

Q7. 受講の手続きを具体的に教えて下さい。

A. 受講希望のメール受信後、弊社から施設の管理者様宛にご連絡をさせていただきます。受講者数等をお伺いし、見積書兼注文書を発行いたします。注文書をご提出頂き、弊社確認後、受講開始という流れになっております。

 

Q8. 2級を取得していないと、1級は取得できませんか?

A. 1級と2級では内容が異なりますので、1級から学ぶことも可能です。ご利用者様とのコミュニケーション力を高めたい方は、2級→1級という流れの方がスムーズです。

 

Q9. 資格取得まで何ヶ月かかるのですか?

A. 最短4ヶ月半で取得して頂くことが可能となっております。

 

Q10. 不合格になった場合、また受験することは可能ですか?

A. 認定研修資料を添付したメール送信完了日から1年以内は、何度でも受験して頂くことが可能となっております。

受講開始までの流れ

手順1 受講希望メールを送信してください

 所属事業所の管理者様から、弊社に「ミッケルアート認定研修1級受講希望」とメールを送信してください。弊社から受講人数をお伺いし、お見積書兼注文書をメール添付いたします。

手順2 ご注文

 お見積書兼注文書にご署名の上、メール添付またはFAXで送信してください。

手順3 研修資料をメール受信・研修スタート

 ご注文完了後、2日以内に、弊社から管理者様へ、研修に必要な資料(すべてデータ支給)をメール添付いたします。

 受講者様のご希望のタイミングで研修をスタートしてください。

スクリーンショット 2021-07-20 9.00.27.png