top of page

児童発達支援とアート【ミッケルアートキッズ版】



以下は、ミッケルアート開発メンバーとの議論の要約です。

福祉分野で活躍されている方々にとって、新たな発見や示唆に繋がれば幸いです。

 

※このメンバーは、中学校教諭一種免許、中学の教員免許、高校教諭一種免許、特別支援学校教諭、児童発達支援士、発達障害コミュニケーションサポーター、SSTスペシャリストを取得しています。



【目次】


  1. 課題

  2. 原因

  3. 解決策「ミッケルアートキッズ版」

  4. 期待できる効果

  5. 他の教材との比較



1. 課題「児童発達支援におけるアートの活用」


コミュニケーション能力の向上を促す手段の不足



2.アートを活用した子どもの反応や変化


発達障害を抱える子供たちが集団での活動や言葉でのコミュニケーションに苦労することがある。聞き取る力、話す力を身に付ける必要がある。



3. 解決策「ミッケルアートキッズ版 ~動物~」



【ミッケルアートキッズ版の具体的な活用方法】


・使い方(1)知識の増加

 アートを通じて動物に関する知識を伝える。

 

・使い方(2)質問理解の促進

 特定の動物のアートを見せて、簡単な質問に答えさせることで、質問の意味を理解し、言葉での表現力を向上させる。

 例えば、パンダのアートを見せて「これは何の動物?」→「パンダ」

「何色?」→「白」「黒」「何してる?」→「ご飯食べてる」

という簡単な質問に答える。

 質問の意味を理解し、発する力を身に付ける。

 

・使い方(3)分類理解の促進

 海洋生物と陸上生物を見分ける活動を通じて、判断力や分類能力を養う。

 例えば、海の生き物「ウミガメ」、「ハシキンメ」と陸の生き物「カンガルー」、「ゾウの親子」を見せ、海の生き物と陸の生き物を分けさせる。

 

※シンプルなアートでは難しい子に「イシダイ」、「イルカ」、「牛 」、「ハリネズミ」のように背景をつけたり工夫をする。質問の意味を理解し、判断する力を身に付ける。

※グループに分かれて行ってもよい。



4. 期待できる効果


ミッケルアートキッズ版は多彩な種類が揃っており、教材の検索や選定にかかる手間を軽減できる。

また、子どもたちの興味や関心に合わせた教材選定が可能であり、教材作成や支援計画の改善に繋がる。





5. 他の教材との比較


(1)ミッケルアートキッズ版

・メリット

 生態情報が描かれており、理解を深めることができる。また、質問や分類の活動にも適している。

 

・デメリット

 多くのアートを使用する場合、情報の過多や混乱を招く可能性がある。また、レンタル制度のため、利用できるアートの数に限りがある。

 

(2)自作カード

・メリット

 ネットから自由に画像を選択できる。

 

・デメリット

 画像を探し、印刷する手間がある。さらに不要な部分は切り取るという作業も伴う。

 

【経営的なメリット】

自作のカード作成にかかる時間の削減により、人件費の節約が期待される。例えば、クラス担任3名の場合、年間で129,200円の節約効果が見込まれる。

  


日々私たちはこのような議論を通じて、現場の課題に目を向け、課題解決に導くためのアートの開発を目指しています。

皆様の気づきに繋がれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

記事の内容が「いいなあ」と思ったら、いいね(ハート)、メルマガ登録、社内共有をお願いします。


メルマガでは、現場で頑張っている職員様、施設運営やケアに役立つ情報などが無料でお届けします。

介護、保育業界のイメージアップをしていきましょう!


\もっと詳しく知りたい方はこちら/




Comentarios


<記事一覧へ戻る

【いいね(ハート)】ボタンを押して応援してくれたら嬉しいです!▲

メルマガ登録(無料)

mikkeのコピー.png
メールアドレスを登録するだけで、人財育成に役立つ情報がご覧いただけます!ブログの更新頻度は週2回!
ぜひ今すぐご登録ください!

↓メールアドレスをご入力ください↓

無料個別相談

次世代リーダーの育成にお困りの施設様へ。ZOOMなどを利用した無料相談をご提供しております。他施設様の事例やノウハウをお伝えいたします。施設様の課題解決に向けて、一緒に具体的なアクションプランを考えましょう。

スクリーンショット 2020-09-17 11_18_24.png
ミッケルアート認知症予防や人財育成の体系化ができる仕組みのロゴ
bottom of page