取材するニャン♪

「発達支援」勉強会のまとめ


先日、発達支援の勉強会に参加しました。

その際のメモです。

保護者や保育者の方にとって、いい気づきになれば幸いです。

1 発達支援の必要な子

・トライアンドエラーよりもエラーレスのほうがいい

2 性格とは行動の傾向

・性格は変わらない

・行動は変えられる

3 教育のターゲットは、子どもの行動である

・教育とは、適切な行動を増やし、不適切な行動を減らすこと

・指示を出す時には、行動指示をする

4 デッドマン(死んでいる人)でもできることは行動ではない

・静かにする

・廊下を走らない

・邪魔をしない

・騒がない

・じっとしている

・褒められる

5 行動を指示する

・静かにする   →静かにAしましょう

・廊下を走らない →

・邪魔をしない  →

・騒がない    →

・じっとしている →

・褒められる   →

※現在の行動に代わる、「その子にあった活動」を用意することが前提になる

※幼児には、小学生には、中学生には、など、その年齢に合わせた活動を用意する。

6 片付けをきちんとしなさいは伝わらない

・子どもは経験がないため、意味がわからない

・「きちんと」、「丁寧」では伝わらない

・行動指示とは、数えられる行動であることが重要

7 伝わる行動指示の例

・本を棚にしまいましょう

 ※数えられる指示は、行動が明確になる

8 伝わらない指示=高度な指示の例

・友達と仲良くしましょう

・ルールを守りましょう

・落ち着いて行動しましょう

・相手の気持ちを考えて行動しましょう

という指示は分かりにくい。あいまいであり、数に表しにくい。

※発達支援の子にとっては、状況を見て自分で判断して行動することは苦手であるため、表現をもっと具体的にする。

9 ABC分析

 原因 行動 結果 を考える

・先行条件 :喉が渇いた

・行動   :ビールを飲む 

・結果   :美味しかった

例1)

 ビールを飲む行動を減らすためには、先行条件を揃えないようにする。

 例えば、冷蔵庫にビールを置かない。=飲む行動が成立しなくなる=行動が減る

例2)

 A先生の授業の時には、適切な行動をしている場合

 A先生のときには、どのような条件があるのかを分析する。

10 行動を変えるためには、先行条件を変える

・先行条件:

・行動  :提出期限ギリギリに親に援助を求める

・結果  :

 という場合は、先行条件を考える。

 ・そもそも宿題が多いのではないか

 ・宿題の進み具合を事前に確認する時間をつくる

先行条件を考えることで、教育的ニーズが見えてくる