取材するニャン♪

【キッズ版】賞賛と承認

ある保育園の園長先生とお話しをさせていただきました。

その際にいただいたアドバイスをご紹介いたします。

ーーーーーーーーーー

1 賞賛と承認の違い

 ・賞賛

  「上手!」「いいね!」は使いすぎると、子どもは、褒められたいからやる。

  褒められるような発言をする傾向がある。

保育者の顔色を伺って行動する可能性がある。

 ・承認

「ここまでできたね!」「こういうところを工夫したんだね!」と事実を伝える。

  自己肯定感が高まり、認められることで、自信がつくため、

  賞賛するよりも、一人ひとりの行動の過程を承認することを大切にしている。

2 意見を言う子、意見を言わなかった子への対応がポイント

  みんなに何かを問いかけた場合、普段から発言するタイプの子に偏る傾向がある。

  このときには、その子には、「そういう考えなんだね」と承認し、

  「じゃあ次は他のお友達はどうかな?待ってみよう」と、その子以外の子が発言しやすい場をつくる。

数名の子が発言した後に、みんなの前では話せなかった子がいる。

  このときに、発言しなかった子に対しても、「しっかりとお話しを聞いていたね」と承認する。

  こうすることで、「発言したくてもできなかった」という失敗感がなくなり、

保育者は自分を見てくれていたという「自信」がつく。

  保育者はこの2つの言葉がけの大切さを意識することで、子どものより良い成長を促すことに繋がる。

3 ADHDの子、周囲のことを気にせずにどんどん発言してしまうとき

  「いっぱいひらめいたね。次はAちゃんが考えているから、ちょっと待ってみようか」

  というように、たくさん発言することを否定せずに、待つ行動を促すと良い場合がある。

4 体験して、話し合う。

  体験をしたことを、活動後に振り返りとして、絵をつかって話し合う時間を設ける。

  また、絵をきっかけに新しいことを知り、ワクワクして、体験に向かうことも考えられる。

5 自作自演の子の対応

  ある子が、「靴を無くした」といってきた。 

  クラス全員で探し始めたところ、その子がすぐに靴を見つけてきた。

  クラスの子は、その見つけた子を「よく見つけたね!」と褒めた。

  数回それが繰り返されたため、自作自演だと気付いた。

  みんなから称賛を浴びたかったのだろう。

ここで、保育者が「自分で隠しているんじゃないの!」というと、その子が傷ついてしまう。

このような子の場合、その行為に至った背景を知り、アプローチする必要がある。

  例えば、活動のなかで、みんなから注目を浴びる機会を増やすなど。

  こうすることで、その子が自分に自信を持つことができ、心が育まれることが期待される。

6 教えると、育むの違い

 対人関係は、教えられてやるものではない場合がある。

 「人に優しくする」「人にお礼を言う」「人にあいさつをする」「あやまる」など。

 誰かに優しくしてもらったことで、優しくされると嬉しかった、ほっとしたなどの感情体験があり、

 それを通じて、自分も誰かに優しくしたあげたいという気持ちから、優しい行動をする。

 これの流れを踏まえると、保育者が、子どもに優しくすること見本にすることが一つの環境要因となる。

7 にらむ子の対応と、喜怒哀楽のアートの活用ポイント

 にらむ子に、「にらまないの!」と教えても、その子のにらんだ背景が解消されたわけではない。

例えば、家庭でや大人との関係性のなかで、大人を信じられないなどの感情があるかもしれない。

 喜怒哀楽の絵を見せる際には、「人をにらんではだめ」という結論を導くのではなく、

「この子はどんな気持ちかな?」と考えさせることをきっかけにして、

 その子の内面をイメージさせることを通じて、自分の内面を話させることが有効かもしれない。

8 自立とキッズ版の役割

 自立が「自分の意見を言い、行動すること」であれば、

 成長段階には、以下の3つのような絵の表示方法が適しているかもしれない。

 レベル1 2つの絵を比べて、違いを考える(3歳~)