取材するニャン♪

【キッズ版】「ありがとう」を強要しない

July 25, 2018

ミッケルアート編集部

ある保育園の園長先生とお話しをさせていただきました。

様々な現場でのご経験を踏まえて、ミッケルアート キッズ版へアドバイスをいただきました。

その内容をご紹介いたします。

 

ーーーーーーーーーー

 

 

1 「ごめんね」「ありがとう」を強要しない

 

 ありがとうって言いなさいは、言わないようにしている。

 大人が見本を見せていれば、子どもなりに納得したとき、言いやすいタイミングで言うようになる。 

 また、大人が「どうぞ」と言うと、「ありがとう」と言いやすい。

 

 

2 賞賛よりも、承認することが大切

 

 子どもは、先生にほめられると、褒められる行動をする傾向がある。

 承認する声がけ「頑張ったんだね」「ここまでできたんだね」をすることで、自己肯定感が育まれる。

 

 

3 こんな絵があったら良いかも

 

 3-1 食べているところの様子 

 3-2 鼻がカピカピ

 

 

 

 

 3-3 大きい子が、小さい子を下から見上げるような様子「どうしたの?」

 

 

 

 

ーーーーーーーー 

 

以上、貴重なアドバイスをいただき、大変勉強になりました。

引き続き様々な保育関係者様の価値観を学びながら、より良いアート開発に努めて参ります。

 

 

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください