取材するニャン♪

【介護】坂戸東グループホームそよ風様からのお言葉

April 21, 2020

ミッケルアート編集部

こんにちは!ミッケルアート編集部のミッシーです!

 

今回は、坂戸東グループホームそよ風のホーム長様からいただいたお便りをご紹介いたします。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 当ホームでは、見当識障害によって、ご利用者様同士が勘違いして関係性が悪くなることもありました。そんなときに、ミッケルアート を使うことで、お互いに嫌なことを忘れて楽しい思い出話しに花を咲かせることができます。お互いの仲を取り持つようなコミュニケーションという感じです。このような事例はこれまで何度かありました。

 

 一般的に介護施設はどこも忙しくしているイメージがあります。ご利用者様もその雰囲気を感じられ、なんとなく不穏になることもあります。私たちは、「椅子に座って一緒に話をする時間」を大切にしています。ミッケルアートを活用することで、どうしていいかわからないスタッフにとっても、関わりあうきっかけが生まれているので、とても助かっています

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(ブログ掲載許可済み)

 

 

ミッケルアートがきっかけとなって、お互いのコミュニケーションをはかることができるという事例をお話しいたしました♪

 

 

🌸坂戸東グループホームそよ風様のホームページはこちらになります。ぜひご覧ください。

https://kaigo.homes.co.jp/facility/basic/f=40746/

埼玉県坂戸市大字中小坂781-4

 

 

 

 

 

■ミッケルアート
 思い出をふり返ることは、 脳が活性化し、認知症予防に繋がります。
 ミッケルアートは、 思い出話をきっかけにした認知症予防として多くの介護施設様で活用されています。 

■ミッケルアートキッズ版
 ミッケルアートキッズは、「子ども自ら考える力を育むこと」を目指したアートです。
 多くの保育園様で活用されており、子どもの可能性を広げるきっかけになることを願っています。

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください