取材するニャン♪

【保育】事例紹介~ミアヘルサ株式会社 日生かしわ保育園ひびき~

April 16, 2020

ミッケルアート編集部

こんにちは!ミッケルアート編集部のミッシーです!

 

今回ご紹介するのは、ミアヘルサ株式会社 日生かしわ保育園ひびき様でのミッケルアートキッズ版の導入事例です。

 

日生かしわ保育園ひびき様では0歳児から5歳児まで90名の園児が在籍しており、職員様・保護者様の信頼関係のもと、『共に育て合い、育ち合う』という理念のもとで園生活を行っています。こちらの園でミッケルアートキッズ版をご利用いただいた中から、事例を紹介させていただきます。

 

★オムライスができるまで

0歳児から5歳児に向けて、料理ができるまでの過程を知ってもらおうという目的のもと、オムライスができるまでを描いたミッケルアートをご利用いただきました。

子どもたちが食育に興味を持つことを期待して給食コーナーに掲示しましたが、作る過程のアートの段階では反応が薄かったということです。

ですが、オムライスが完成すると、調理の過程には興味を示さなかった子どもたちも、「おいしそう」「お母さんが作ってくれたよ」などと反応を示しはじめました

昆虫の成長などでは1枚ずつ順を追ってアートを見せていく掲示方法が子どもの興味を惹くのに効果的なのですが、料理ができるまでの過程の場合は同じように興味を惹くことは難しい、ということが良く分かった事例でした。

1枚ずつを順に掲示するのではなく、「料理ができるまで」を一覧できる形での掲示の方が子供の興味を惹けるのではないか?ということで、次回からはそのように掲示していただけるようです。どのように子どもたちが反応してくれるのか、編集部もとても楽しみにしています!

 

今後も、保育現場におけるミッケルアートキッズ版の活用事例をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

🌸ミアヘルサ株式会社 日生かしわ保育園ひびき様のホームページはこちらになります。ぜひご覧ください。

https://www.merhalsa.jp/hoikuen/nursery/kashiwa/

千葉県柏市柏6丁目8−37

 

 

 

 

 

 

 

■ミッケルアート
 思い出をふり返ることは、 脳が活性化し、認知症予防に繋がります。
 ミッケルアートは、 思い出話をきっかけにした認知症予防として多くの介護施設様で活用されています。 

■ミッケルアートキッズ版
 ミッケルアートキッズは、「子ども自ら考える力を育むこと」を目指したアートです。
 多くの保育園様で活用されており、子どもの可能性を広げるきっかけになることを願っています。

 

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload