取材するニャン♪

【保育】様々な保育方法のご紹介

September 10, 2019

ミッケルアート編集部

 こんにちは!ミッケルアート編集部のミッシーです!

 今日は保育方法についてご紹介いたします。保育方法は、園によって様々なものがあるようです。

 

 まずは、「自由保育」。子どもが自発的に遊ぶことを促す保育のことで、放任という意味ではありません。自由な発想で遊びを展開できるように、保育者が環境設定を行います。一人ひとり興味を持つものや遊びは違うため、子どもが自分のペースで工夫しながら遊べるようリードしていくようです。

 

 「異年齢保育」を取り入れている園もあります。これは年齢の違う子どもたちが一緒のクラスで活動します。年下・年上の子との生活の中で、社会性・共感力・忍耐力・コミュニケーション能力など、生きていくために必要な能力を伸ばすことを目指しているようです。

 

 ほかにも、子どもの個性を尊重し最大限に生かす教育の「レッジョ・エミリア」、子ども同士の助け合い・教え合いによって社会性の発達を促すこと目的とした「イエナプラン教育」、大事に至らない程度の”危険”は体験させることを大切にする「ニキーチン教育」など、色々あるようです。

 

 

まだまだ保育方法はたくさんあるようですが、また次回ご紹介させていただきます。

お楽しみに♪

 

■ミッケルアート
 思い出をふり返ることは、 脳が活性化し、認知症予防に繋がります。
 ミッケルアートは、 思い出話をきっかけにした認知症予防として多くの介護施設様で活用されています。 

■ミッケルアートキッズ版
 ミッケルアートキッズは、「子ども自ら考える力を育むこと」を目指したアートです。
 多くの保育園様で活用されており、子どもの可能性を広げるきっかけになることを願っています。

 

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください