取材するニャン♪

認知症予防 「トイレ介助の拒否」の改善

February 27, 2017

ミッケルアート編集部

トイレ介助を拒否される方が、 職員との信頼関係が深まり、拒否されることが少なくなりました。

 

 

 

 

【 K様 女性 80代 】

 

・介護度 : 2

 

・認知症の種類 : アルツハイマー型認知症

 

・認知症自立度 : Ⅱa

 

・寝たきり度 : J1

 

・有料老人ホーム 

 

 

ミッケルアートの回想法を通じて

 

N様は、普段はトイレ介助など、職員の介護を拒否する傾向があります。

そこで、ミッケルアートを週2回、20分程度行いました。

 

〈開始から1ヶ月目〉

 

他の入居者と笑顔で会話をし、料理の話をする姿が見られました。 「主婦だったので、料理はずっとやっていました。茄子に玉ねぎを入れ炒めて魚をあえて...」といきいきと当時の話されていました。

 

〈開始から2、3ヶ月目〉

 

職員が絵を見せ、「どういう絵ですか?」と聞くと、「小さい時はよく行水入れてもらってね...」と懐かしそうに話し、職員に、

当時の様子を詳しく説明して下さる ようになりました。 さらには、子どもの絵を見て「子どもはいなかったけど、その分たくさん旅行に行ったよ」と教えてくださったり、ミッケルアート実施以外の時間にも、「近所の子とよく遊んでね...」と思い出話しを交えお話される事が増えました。 他の入居者にも N様から「お住まいはどちら?」と話しかけ、それをきっかけに、会話が盛り上がっていました。 

 

 

◼︎周辺症状「トイレ介助の拒否」の改善

 

ミッケルアートに参加する度に、他の人の話にも関心を持つ ようになりました。 皆で歌を歌っている際、他の入居者に声を褒められると笑顔で答えるなど、表情が柔らかく なりました。 

 

 

★介護スタッフ様の工夫★

 

N様は、職員からの質問に対して、丁寧に教えてくれる姿がみられたので、「教えて頂く」という姿勢で話をする ようにしました。「今日も色々と教えてください」と話しミッケルアートに誘うと、笑顔で「はい、いきましょうか」と笑顔で応えるようになり、「頼りにされている」ということに、喜びを感じている ように思います。また私の顔を見ると笑顔で挨拶をしてくれたりと、信頼関係がより深まりました。 

 

 

◼︎まとめ

 

・絵をきっかけに、ご本人の希望を聞き出すことを大切にしました。

・心地よいコミュニケーションを通じて、表情は穏やかになりました。

 

 

 

思い出話をきっかけに、楽しく過ごして頂くことが、認知症予防に繋がると期待されます。

 

 

より良い認知症ケアを通じて、ご利用者、ご家族の喜びにお役立てください。

 

※平成27年日本認知症ケア学会演題発表「ミッケルアート回想療法によるBPSDのクラスター分析」

 

 

 

 

 

 

 

 

                            

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください