取材するニャン♪

認知症予防 「無関心」の改善

January 5, 2017

お部屋に閉じこもっていた方が、 

リビングで他のご利用者と交流するようになりました。

 

【 K様 女性 80代 】

 

・介護度 : 2

・認知症の種類 : アルツハイマー認知症

・グループホーム

 

 

 

◼︎ミッケルアートの回想法を通じて

 

K様は、介入前は、日常的な物事に興味を示さない事が時折見られ、同じ話をいつまでも繰り返しされます。声を掛けるとよくお手伝いをしてくださり、怒ったりする姿は見受けられない方です。

 

そこで、ミッケルアート週2回、20分程度行いました。

 

〈開始から1ヶ月目〉

 

K様の好きなこと(物つくり)、覚えていること(近所の桜の木など)については積極的に話していました。 絵によっては興味を示さない物もありました。

 

〈開始から2、3ヶ月目〉

 

職員との会話の中で、ミッケルアート実施日に話していたこと(桜の木・疎開の話)を、他の日にも自分から話していることもありました。

 

 

◼︎周辺症状「無関心」の改善

 

ミッケルアートに参加する度に、K様の中での特別なことは覚えており、それに関わる話題のきっかけを作ることで、自分から積極的に話をして下さるようになりました。

日常的な物事に興味を示さない事も時折見られましたが、テレビや広告を見て「これ良いね」「「綺麗だね」とお話をされる姿が見受けられりようになりました。

 

 

★介護スタッフ様の感想

 

質問や会話の前に必ず「Kさんはどうですか?」と名前を呼ぶようにしました。

大人数の中で行うと、我先に答える方もいるため、その中で皆さまが発言しやすい環境に配慮しました。

 

 

             

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください