取材するニャン♪

認知症対策 「日本介護支援協会でミッケルアート」

December 23, 2016

日本介護支援協会で認知症予防「ミッケルアート」の講演をさせて頂きました。 

 

 

 

 

◼︎講演内容 

「ミッケルアートによる認知症予防の方法」

 

ミッケルアートには昔懐かしい絵が描かれています。

それを見ながら、週2回、20分程度使って思い出話をすることで、認知症の周辺症状が緩和する効果があります。 

 

 

 

 

◼︎ミッケルアートとは

 

ミッケルアートには昔懐かしい絵が描かれています。

それを見ながら、週2回20分程度使って思い出話をすることで、認知症の周辺症状が緩和する効果があります。

 

 

 

【事例1】 「昼夜逆転」の改善

 

 

昼夜逆転のある方が、 日中に活動的になり、良眠できるようになりました。 

 

『中学校の絵』を見たことががきっかけで、他のご利用者の話に関心を示すようになりました。その後、他のご利用者とも馴染みの関係ができたことにより、他のレクリエーションにも積極的に参加されるようになりました。

 

(介護度5 認知症自立度 IV 寝たきり度 B2)

 

 

 

 

【事例2】 「帰宅願望」の改善

 

 

帰宅願望のある方が、 集団活動に参加できるようになりました。 

 

ミッケルアートに参加する度に、「目が良かったら編み物や仕事がしたい。涙がでる

ような話しをしてくれてありがとう。楽しいね。」という発言をされていました。

次第に、職員の話しを聞いて下さるようになりました。

 

(介護度5 パーキンソン病 )

 

 

 

 

【事例3】 「徘徊」の改善

 

 

夜間に徘徊される方が、 日中に活動的になり、良眠できるようになりました。

 

昼間に活動的な時間をつくることで、夜は睡眠をとる習慣ができるようになったと感じます。職員間での意識が変わり、関わりを増やしたり、誰となら相性が良いのかなど考えた結果、混乱や不安は軽減されたと感じました。

 

(介護度2 脳血管性認知症 )

 

 

 

 

◼︎エビデンス

 

 

191名の認知症高齢者を対象に、ミッケルアートの効果検証を行った結果、

周辺症状の緩和への有効性が確認されています。(1%有意)

 

・2013年 日本認知症ケア学会 石崎賞受賞

・2014年 日本認知症予防学会 浦上賞受賞

 

※平成 25 年度調査研究助成事業全国老人福祉施設協議会 老施協総研

 

 

◼︎研修を受講されたケアマネジャーの感想

 

・ミッケルアートを使うと、ご利用者の過去の経験や体験をお話ししてくれるようになり、 さらに、趣味趣向を深く知ることができました。 

 

ご利用者とのコミュニケーションツールとして活用できます。

 

・人や物が多く描かれている絵が豊富にあり、ご利用者との対談に飽きないです。

 

・昔の映画を観るよりも手軽にできます。1枚の絵をきっかけに話が広がり、 ご利用者同士の会話が弾むため、とても良いと思いました。

 

・レクとして行うだけでなく、根拠と目標をもって行い、評価をすることで、 スタッフのコミュニケーション能力の向上にもつながると思います。

 

・これまでは、周辺症状に対する認知症ケアしか学んでいませんでした。 ミッケルアートは、ご利用者の楽しみ、利用者同士の交流、心のやすらぎ、 ご利用者のやりたいことに繋げられるため、素晴らしいと思います。

 

・ご家族がご利用者と使うことで、ご家族との関係性をより良くする効果が 得られると期待します。 

 

 

 ​

              

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください