取材するニャン♪

認知症予防 「不穏」の改善

December 23, 2016

不穏な行動をされる方が、 

20分間、集中して活動する習慣ができました。

 

 

【 Y様 女性 70代 】

・介護度 : 2

・認知症の種類 : アルツハイマー

・グループホーム

 

◼︎ミッケルアートの回想法を通じて

 

 Y様は、認知症が進行したように見えます。原因は、ご主人が亡くなられたことも関係しているのかもしれません。最近は、この環境にも慣れてきているようにも見えます。

そこで、ミッケルアートを週2回、20分程度行いました。開始から1ヶ月目は、途中で離席するなど、集中力が欠ける様子がみられます。開始から2、3ヶ月目には、他のご利用者の話に関心を示すようになりました。現在は、20分間、集中して取り組むことができるようになりました。

 

◼︎周辺症状「不穏」の改善

 

 ミッケルアートに参加する度に、そわそわする行動が変化し、色々な物事に関心を示すようになりました。また、「トイレに行きたい」など、ご自身の要望を介護スタッフに伝えてくださるようになりました。

 

★介護スタッフ様の感想

 

 絵が見えやすいような位置、光の加減。昼間に活動的な時間をつくることを心がけました。

目がずいぶん見えづらくなってきているため、絵の内容を理解できないことも多く見られます。

以前から少女時代のお話をお話しされていたため、ミッケルアートをきっかけに、されに細かいところまで伺えるようになりました。これからも、介護する側も笑顔で対応し、ご利用者様の笑顔が見られように取り組んで行きます。

 

 

 

 ​

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください