取材するニャン♪

認知症予防「暴言」の改善

December 23, 2016

暴言のある方が、 

他のご利用者と楽しく過ごせるようになりました。

 

 

【 H様 女性 80代 】

・介護度 : 2

・認知症の種類 : アルツハイマー

・デイサービス

 

 

◼︎ミッケルアートの回想法を通じて

 

 H様は、暴言や介護拒否が多くテーブルを叩いて「うるさい。」と睨み付けていました。

そこで、ミッケルアートを週2回、20分程度行いました。開始から1ヶ月目は、話し声、繰り返し話される方に対して「うるさい。」と言われたり、ののしったりされる様子が見られました。開始から2、3ヶ月目には、「河川敷で子供達が遊ぶ」絵を見たことががきっかけで、他のご利用者の話に関心を示すようになりました。その後、他のご利用者とも馴染みの関係ができたことにより、他のレクリエーションにも積極的に参加されるようになりました。

 

 

◼︎周辺症状「暴言」の改善

 

 ミッケルアートに参加する度に、テーブルを叩かないようになりました。他のご利用者に対して「うるさい」と言わなくなくなり、笑顔が増えました。以前は、職員が声掛けすると怒っていたが怒っていましたが、次第に少なくなり、周りの方にあいさつするようになりました。

 

 

★介護スタッフ様の感想

 

 笑顔で挨拶をする、声掛けは短めに行い、ご本人が動く気になるまで待つ、お誕生日会や検診など行事の際には前もって声掛けすることを心がけました。継続的に実施することで、ミッケルアート以外の時間にも、楽しい活動に参加して頂けるように取り組みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください