取材するニャン♪

認知症予防 「暴言と介護拒否」の改善

December 22, 2016

暴言や介護拒否のある方が、

職員やご利用者と交流できるようになりました。

 

 

 

【 E様 男性 80代 】

・介護度 : 4 

・認知症の種類 : 脳血管性認知症

・介護老人保健施設

 

◼︎ミッケルアートの回想法を通じて

 

 E様は、普段から暴言や介護拒否のある方です。他のご利用者と交流できない状況が続いていました。

そこで、ミッケルアートを週2回、20分程度行いました。開始から1ヶ月目は、 「絵なんか見たくない」と参加を拒まれていました。そこで、「お席の移動しても宜しいでしょうか?」「お隣に座っても宜しいでしょうか?」と介助する前に同意を得るように心がけました。その結果、徐々にミッケルアートに参加して頂くようになりました。 開始から2、3ヶ月目には、井戸の絵を見たことががきっかけで、隣のご利用者とお話するようになりました。その後、他のご利用者とも馴染みの関係ができたことにより、他の活動にも積極的に参加されるようになりました。

 

◼︎周辺症状「暴言、介護拒否」の改善

 

 ミッケルアートに参加する度に、おだやかな表情を見せるようになり、介護スタッフに挨拶をしてくださるようになりました。また、ミッケルアート以外の時間にも、自らパズルをするようになりました。

 

★介護スタッフ様の感想

 

 暴言のあるご利用者の視点に立ち、コミュニケーションの取り方を工夫することの大切さを実感しました。今後も、ミッケルアートを他のスタッフに広めて、より良い認知症ケアに繋げていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください