取材するニャン♪

認知症予防 「難聴の方の帰宅願望」の改善

December 22, 2016

難聴で、視力の弱く、帰宅願望のある方が、

集中して活動に参加できるようになりました。

 

 

【 F様 女性 70代 】

・介護度 : 3  

・認知症の種類 : アルツハイマー

・認知症自立度 : Ⅲa

・デイサービス

 

◼︎ミッケルアートの回想法を通じて

 

 F様は、耳が遠く、目が見えないため、不安な気持ちが強く、職員を「お願いします。」と呼び続ける様子がよく見られました。帰宅願望が強く、職員の声掛けに耳を貸して下さらない様子でした。

そこで、ミッケルアートを週2回、20分程度行いました。開始から1ヶ月目は、 最初の頃は「お願いします。」と呼び続けていましたが、日が経つにつれて減ってきました。話しを始めると、昔の話しが上手に思い出せる様になり、やりたい事も生まれてきました。 開始から2、3ヶ月目には、隣のご利用者とお話するようになりました。

 

◼︎周辺症状「無気力」の改善

 

 ミッケルアートに参加する度に、不安や帰宅願望が強く無気力であったが、「目が良かったら編み物や仕事がしたい。涙がでるような話しをしてくれてありがとう。楽しいね。」という発言をされていました。次第に、職員の話しを聞いて下さる様になりました。

 

 

★介護スタッフ様の感想

 

 耳が遠く、目が見えない為、声と手に触れる物で判断されます。そのため、職員は、軽く体に触れながら優しく話しかけようにしました。また、他のご利用者とコミュニケーションがとりやすい環境作りを心がけ、これからもミッケルアートを取り入れ、よりよい認知症ケアを行っていきたいと思います。

 

 

 

 ​

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください