取材するニャン♪

認知症予防 「無気力」の改善

February 21, 2017

 

 

 

何事にも無気力、無関心だった方が、 自発的に笑顔で活動するようになりました。

 

 

 

 

【 T様 女性 80代 】

 

・介護度 : 4

 

・認知症の種類 : 脳血管性認知症

 

・認知症自立度 : Ⅱa

 

・寝たきり度 : B2

 

・介護老人保健施設 

 

 

ミッケルアートの回想法を通じて

 

T様は、普段は集団プログラムへほとんど参加されず、職員との会話もいつも変わらない、

同じようなお話ばかりでした。

そこで、ミッケルアートを週2回、20分程度 行いました。 

 

 

<開始から1ヶ月目> 

 

ミッケルアートへの参加の声掛けには笑顔で応じられていたが、話を聞いていることが多く、

T様からの発言はあまり見られませんでした。

 

 

<開始から2、3ヶ月目>  

 

夕飯の買い物の絵を見て

「これ買い物してるね。うちは、日光街道の辺りだから、こんな立派な店はなかったね。近所に1件だけ店があって、そこに野菜とか、魚とか、洋服とか売ってて、小さい頃から1人で買い物に行っていたよ。」

と懐かしい思い出を話して下さいました。

また、楽しんでお話しをする様子が見られた ので、自分の知らない内容であっても、「質問してほしい」と話しをすることが好きになってきています。

 

 

◼︎周辺症状「無気力」の改善

 

ミッケルアートに参加する前は、他の利用者と関わろうとせず、職員の話しかけへの反応もあまり見られない、無為的な様子でした。実施後は、職員から話しかけられると、会話をしながら、笑顔や穏やかな表情が見られやすくなりました。 

 

 

介護スタッフ様の工夫

 

ミッケルアートを実施していない時の会話では、職員が昔の暮らしの様子を知らなかった為、会話を引き出すことが出来ていなかったと感じました。T様は、2年ほど利用している利用者でしたが、今までは決まったテーマのみ、会話する姿がほとんどでした。ミッケルアートでは、絵を見る事で今まで話題にしなかった事を聞き出し、それがT様にとって、良い刺激になった と思います。 オープンクエスチョンに回答が可能なため、なるべく「お姉さん」「お母さん」「栃木の実家」「家の商売」等と分かりやすく、関連する回想につなげるように心掛けました。

さらに、普段からよくお話しされる「猫・酒」以外の話を聞き出し、T様の好きな話しを通して、他の回想につなげるように工夫しました。

 

 

◼︎まとめ

 

・絵をきっかけに、ご本人の希望を聞き出すことを大切にしました。

・心地よいコミュニケーションを通じて、表情は穏やかになりました。

 

 

 

思い出話をきっかけに、楽しく過ごして頂くことが、認知症予防に繋がると期待されます。

 

 

より良い認知症ケアを通じて、ご利用者、ご家族の喜びにお役立てください。

 

※平成27年日本認知症ケア学会演題発表「ミッケルアート回想療法によるBPSDのクラスター分析」

 

 

 

 

 

 

 

 

                            

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください