取材するニャン♪

【認知症予防】口数の少ないご利用者が、他の方と楽しく交流するための工夫

January 8, 2017

ミッケルアート編集部

今回は、口数の少ないご利用者が、「兄弟」との思い出話をきっかけに、他のご利用者と交流できるようになった事例をご紹介します。

 

 

 

【 O様 女性 90代 】

 

・介護度 : 2

 

・アルツハイマー型認知症

 

・認知症自立度 : Ⅲ

 

・デイサービス

 

 

O様は、普段から他の利用者や介護職員さんと話をすることが苦手であり、控えめな性格の方でした。お一人で不安を抱えている様子がみられました。

 

 

 

 

◼︎楽しく他の方と会話ができるまでの様子

 

ミッケルアートの回想法を行いました。

ミッケルアートには、昔懐かしい絵が描かれています。を見ながら、週2回、20分位使って思い出話をすることで、認知症の周辺症状が緩和する効果があります。

 

 

 

 

<開始から1ヶ月目> 大切にされている思い出

 

最初は、絵を見ても一人で考え込む様子が見られました。

しかし、参加する度に、自らお話をする様子が見られるようになりました。

きっかけは、家族が描かれている絵を見た事です。

 

 

 

 <開始から2、3ヶ月目> 自分の想いをお話するようになりました。

 

「家族が記念写真を撮影している絵」や「兄弟で遊んでいる絵」を見ながら、懐かしそうに昔を振り返り、「生きている兄弟に逢いたい」と話されていました。

 

 

 

<普段の生活> ご利用者同士が話す機会が増えました。

 

ミッケルアートに参加しているご利用者と「子育て」について談笑する姿が見られるようになりました。

 

 

 

 

◼︎周辺症状の変化

 

以前は、自分から発言することはなく、一人で考え込む様子が見られていました。兄弟や子育ての大切にされている思い出の話をきっかけに、会話が増え、自ら他のご利用者や介護職員とコミュニケーションを取る機会が増えました。 

 

 

 

 

★介護スタッフ様の工夫

 

「O様は、他のご利用者と比べご高齢であり、職員や、他のご利用者と共通の話題が少ないことが課題でした。そこで、ミッケルアートをきっかけに、職員から質問を投げかけるように心がけました。」

 

 

 

 

◼︎まとめ

 

・絵をきっかけに、その方の大切にされている思い出を知る。

・その思い出が語りやすい参加メンバーを募る。

・介護職員さんが、話のきっかけをつくる。

 

 

 

192名の認知症高齢者の周辺症状を分析したところ、無気力、無関心は、認知症が悪化する初期の症状であることがわかりました。

 

思い出話をきっかけに、楽しく過ごして頂くことが、認知症予防に繋がると期待されます。

 

より良い認知症ケアを通じて、ご利用者、ご家族の喜びにお役立てください。

 

※平成27年日本認知症ケア学会演題発表「ミッケルアート回想療法によるBPSDのクラスター分析」

 

 

 

 

 

 

                                  

 

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください