❶HP トップ ロゴ 資料請求一覧.png

『 回想療法としてのミッケルアート 』

日本早期認知症学会誌第7巻第2号,2014

橋口論1]

MIKKEL ART as a recollection therapy

Rin Hashiguchi1]

「抄録」今日の介護•医療現場では、高齢者と年齢差のある介護者の接する機会が増えている。コミュニケーションの活性化は、高齢者の閉じこもり等を予防抑制して生活の質の向上に資すると同時に、高齢者と介護者との世代間ギャップを埋めることができる。本稿では、世代間のギャップの改善を踏まえたコミュニケーションツールとして、昔懐かしい絵画の作成ならびに提示方法に工夫改善を施し“ミッケルアート”として提案する。ミッケルアートの4つの特徴として、1思い出しやすい題材の選択、2見つけたい意欲を喚起するクイズ性の付加、3題材が見やすい描写の工夫、4介護者が使用する際の留意事項の例示の工夫がある。これらによって、高齢者自身の意思表現を刺激する工夫、高齢者相互間の、また介護者とのコミュニケーションの活性化を図るための工夫について具体的に紹介する。同時に上記のミッケルアートの実際上の効果を評価、検証した調査結果を紹介し今後の課題を考察した。

「Abstract」One of challenging tasks facing care staffs in service institutions is how to vitalize communication activity of 
the elderly. The so-called MIKKEL ART Program innovated by the author is a new tool which can be used to activate and 
facilitate such communications. The program is modeled after Japanese paper picture show, composed of pictures of 
traditional way of life and culture common and popular among the elderly generation. In this paper, the structure and
characteristics of MIKKEL ART are outlined, and its effectiveness and possible future problems are discussed.