取材するニャン♪

クイズ形式することで、外国から来た技能実習生も活用しやすい工夫

May 16, 2018

ミッケルアート編集部

 

 ミッケルアート を導入していただいている法人本部様と打ち合わせをおこないました。

 議題は、人員不足のホームでどのようにミッケルアートを活用すればいいのか?ということでした。

 

 話し合った結果、壁にミッケルアートを飾り、隣にクイズを貼り「今日のミッケルアート 」という感じで、お題を出し、それを利用者様に答えていただくという方法になりました。

 

手順1 廊下などに絵を飾り、絵の隣に「今日のお題(クイズ)」を貼る。

手順2 利用者様に「クイズを見に行きませんか?」などお誘いする。

手順3 定期的にクイズを差し替える。

 

<クイズのメリット>

★絵が飾っているところまで歩くきっかけができ、リハビリに繋がることが期待できる。

★見つけるクイズを答えるため、会話の苦手なスタッフ様でも気軽に利用者様と関わりあうきっかけができる。

 

 

 余談ですが、このアイデアが出た時に、10月からインドネシアの技能実習生を迎える話を聞きました。『インドネシアからはるばる日本に来て、ミッケルアート を見ていただくなら、ほっこりしてほしい。。。。』

 

 そんな想いから、インドネシア語に翻訳したカードを一緒に作成してみようと思います。もしかすると喜んでくれるかも....

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2059-3

​TEL 053-474-5717

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください