取材するニャン♪

【実践事例・一般デイ】自らお話することが少ないご利用者様

May 9, 2018

ミッケルアート編集部

 

 このシリーズでは、ミッケルアート認定研修を受講された介護スタッフ様の取組みやご利用者様の改善事例をご紹介致します♪

 認定研修では、事業所様に3名のご利用者様に対して、周辺症状の変化を約4か月間記録して頂いています。

 

※ DBD13スケールとは周辺症状を 数値評価した認知症の評価方法です。

 

☘今回は、デイサービス(定員19名以上)の事例です。

 

 

Q.1 コミュニケーションはどのように変化しましたか?

▼ミッケルアートを実施する前は、

 

 話しかけるとお話されるが、自身から話すことはあまりなかったが、時間をとってじっくりお話をするといろいろな事を話して下さった。お若い頃の事をよく覚えており、ご家族の事などもよく話していた。

 

 

▼ミッケルアートの実施期間中、

 

 今日もお話聞かせて下さいとお誘いすると、いいわよと笑顔で言われる。明るく笑顔でお話される。楽しい話が多く、暗い話はしない。

 

 

▼ミッケルアートの実施期間中、実施していない日は、

 

 穏やかな方であり、お顔なじみの方々と談笑し和やかに過ごす。

 

 

Q.2 ミッケルアート実施の際に心がけていることや、されている工夫を教えてください

 

 話しかけると話されるが、自身からいろいろな話をされる事は少ないので、お若い頃のお話を聞く機会はあまり無かった。お若い頃の事、ご結婚されてからの事などお話頂ける様にいろいろお聞きしたい。

 

 

Q.3 周辺症状はどのように変化しましたか?

 

 レクリエーションへの参加も、他ご利用者様がするならしようかという印象だったが、笑顔が多くなり各場面でお話されることも多くなった。

 

 

Q.4 ミッケルアート を通じて得られたご利用者様の情報を今後どのように日々の『声がけ』『 活動 』に活かしたいと思いますか?

 

・ミッケルアート実施時、自ら話し、話す内容も多くなってきている。利用時、多く声掛けしていきたい。

 

・入浴時、レクリエーション時など周辺地域のことや家業の事(農業)など、他ご利用者様の中でもお話して頂ける機会を作りたい。

 

 

 

 

 

 

 

🌸ミッケルアート認定研修についてはこちら

 

——————————————————————————————————————

思い出をふり返ることは、 脳が活性化し、認知症予防に繋がることが期待されます。

ミッケルアートは、 思い出話をきっかけにした認知症予防を目指しています。

——————————————————————————————————————

 

 

いいね!
ツイート
Please reload

認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状
静岡大学発ベンチャー企業
株式会社スプレーアートイグジン

ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきかっけに、思い出話を語り合うことで、認知症予防に繋がります。

メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
Please reload

Please reload

 ミッケルアートは、会話を広げるコミュニケーションツールです。絵を見ながら、思い出話をすることで、認知症予防に繋がることが期待されます。

まずは、こちらをご覧ください