メルマガ登録

登録すると、最新情報がすぐに確認できるようになります。
認知症、認知症予防 認知症対策 認知症ケア 介護予防 デイサービス 回想法 介護 有料老人ホーム 周辺症状

静岡大学発ベンチャー企業

株式会社スプレーアートイグジン

 弊社は、「アートを通じて社会課題に取り組む」ことを目指しています。

介護予防「 日経新聞にミッケルアート」

日経新聞に認知症予防「ミッケルアート」として掲載して頂きました。

◼︎特集の内容

「ミッケルアートによる認知症予防の方法」

ミッケルアートには昔懐かしい絵が描かれています。それを見ながら、週2回、20分程度使って思い出話をすることで、認知症の周辺症状が緩和する効果があります。

事例1 「昼夜逆転」の改善

昼夜逆転のある方が、 日中に活動的になり、良眠できるようになりました。

中学校の絵を見たことががきっかけで、他のご利用者の話に関心を示すようになりました。その後、他のご利用者とも馴染みの関係ができたことにより、他のレクリエーションにも積極的に参加されるようになりました。

介護度5 認知症自立度 IV 寝たきり度 B2

事例2 「帰宅願望」の改善

帰宅願望のある方が、 集団活動に参加できるようになりました。

ミッケルアートに参加する度に、「目が良かったら編み物や仕事がしたい。涙がでるような話しをしてくれてありがとう。楽しいね。」という発言をされていました。次第に、職員の話しを聞いて下さる様になりました。

介護度5 パーキンソン病

事例3 「徘徊」の改善

夜間に徘徊される方が、 日中に活動的になり、良眠できるようになりました。

昼間に活動的な時間をつくることで、夜は睡眠をとる習慣ができるようになったと感じます。職員は、職員の意識が変わり関わりを増やしたり、誰となら相性が良いのかなど考えた結果、混乱や不安は軽減されたと感じました。

介護度2 脳血管性認知症 

◼︎エビデンス

191名の認知症高齢者を対象に、ミッケルアートの効果検証を行った結果、周辺症状の緩和への有効性が確認されています。(1%有意)

・2013年 日本認知症ケア学会 石崎賞受賞

・2014年 日本認知症予防学会 浦上賞受賞

※平成 25 年度調査研究助成事業全国老人福祉施設協議会 老施協総研」